洗顔生活つる肌ラボ 

毛穴の黒ずみの解消方法を徹底調査しました

毛穴パックの前にまず自分の肌の状態を理解して(30代主婦)

【注目記事】泥のパワーで毛穴の汚れや黒ずみもすっきり どろあわわ徹底検証

毛穴パックの前にまず自分の肌の状態を理解(30代主婦)

【化粧品などは必ずクチコミ評価を参考】10代の頃からニキビとつきあってきた

女性ならきれいでありたいという思いから、女性誌やネットの美容情報でのクチコミを読んで、「これはよさそう!」と思った美容商品を購入する人も多いかと思います。私も、スキンケア商品や化粧品は必ずクチコミでの評価を参考にして購入しています。

私は現在30代後半の主婦ですが、10代の頃からニキビなどの肌荒れを起こしやすく気にしていました。ニキビ対策の商品は昔からありましたので、それを使用したり脂っこいお菓子を食べるのを控える等してニキビとはお付き合いしてきました。

高校生くらいの年ごろになると、顔の全てが気になってしまいますよね。私の高校はメイクを禁止していたので、ぱっと見ただけではわからないくらいに薄く化粧をしていたのですが、化粧を落として鏡を見ると鼻の毛穴がぽつぽつ黒くなっているのに気付きました。

 

 

【大々的なCMと話題性で毛穴パックを購入】毛穴ケアが手軽にできるようになった

今考えればさほど気にするレベルではなかったはずです。でも、当時某企業が「鼻のぽつぽつした黒ずみ汚れが取れる」と大々的にCMを流しており、私の周囲の友人もこぞって購入していたので、もちろんの事私も流れにのっかって毛穴パックを購入し使用していました。

その当時、市販の製品で手軽に鼻の角栓がとれる商品がなかったように思いますし、お値段も高校生が買える値段だったのでヒットしたのでしょう。なにより、パックが固まってはがした後にこびりついてる角栓を見るのが楽しくて楽しくてやみつきになりました。そんな頻繁に使用する必要はないはずなのに、やみつきになって週に3度くらい使用していたと思います。

 

 

【毛穴パックをやり続けて毛穴が開ききっている】毛穴パックの後は引き締めケアが肝心

そして、毛穴パックをやり続けた現在アラフォーの私は、見事に鼻の毛穴はパッカリ開ききっています。もちろん加齢も原因ですが、遠い昔に過剰に鼻パックをし過ぎたせいではないかと思っています。

しかし、同世代で同じように鼻パックシートを愛用していたという女性の鼻は、ファンデが毛穴落ちする事もなくツルっときれいな状態を保っています。なぜ、こうも違うのだろう?と悲しくなりますが、彼女にどんな使用方法だったかを聞いてみたら理由は明らかになりました。

彼女は、毛穴パックをした後は必ずアフターケアをしていたそうです。使っていたのは、毛穴を引き締める成分が入った化粧品や美容液で、念入りに肌になじませるようにしていたそうです。もちろん、頻度は週に1回程度だったとのことでした。

それに対して当時の私はと言うと、パックをした後は何をするでもなく毛穴を放置する事がたまにありました。そして、必要以上に頻繁に使用する事で、「汚れをまめに取って私ってばお手入れ頑張ってるー!」くらいに思っていました。悩みだった黒ずみ角栓もとれていましたし、私は満足していました。

 

 

【今の年齢には泡洗顔でケアするのがいいみたい】自分の肌の状態を理解することが大事

大人になるにつれ嫌でもわかってくる事ですが、スキンケアは丁寧に手入れをすればするだけ効果がでるのを実感できますし、必ずしも毎日高いスキンケア用品を使用することが肌にいいわけではないのです。自分の肌の状態をきちんと理解して、自分に足りない物を補ってあげるのがより効果的だと思います。

このことから、毛穴パックも適度な使用で絶大な効果をあげられるものだと思います。あの時きちんと理解して使用していたら、前述の彼女のようにツルっとした鼻だったかもしれなかったのに。遠い昔の自分に後悔している毎日です。

どうしても汚れが気になって仕方がないときは、使い方とアフターケアに注意して毛穴パックを使おうかな、とも思っています。でも、今現在は、泡洗顔で丁寧に優しく顔を洗うことで鼻の毛穴のケアを行うのが今の自分の年齢には合っているみたいです。

 

【注目記事】泥のパワーで毛穴の汚れや黒ずみもすっきり どろあわわ徹底検証