洗顔生活つる肌ラボ 

毛穴の黒ずみの解消方法を徹底調査しました

スキンケアに潜むくすみの原因

【体験レビュー】肌のキメの奥の汚れまで根こそぎ落としてくすみもスッキリさせる洗顔料は? ⇒

スキンケアに潜むくすみの原因

つる肌師匠のひと言

こんにちは! つる肌師匠です。

疲れた印象を与えてしまったり、顔色が悪く不健康に見えてしまう「肌のくすみ」。くすみのない明るく透明感のある肌を目指したいですね。くすみの原因とその対策について、見ていきましょう。

 

くすみの原因には、乾燥、摩擦、紫外線 などがあります。

 

【関連記事】気になる肌の乾燥 注意するポイントは?

【関連記事】ゴシゴシこすらないで!摩擦がくすみを生むんです

【関連記事】紫外線はシミだけじゃなく、くすみも生みます

 

この他にも、くすみの原因がありますので、こちらでまとめて紹介します。

 


 

汚れ(皮脂・ファンデーション)

 

化粧をしっかりと落としきれていなかったり、洗顔が十分ではなかったりすると、肌に残ってしまったファンデーションに含まれる油分や皮脂が酸化して肌の色が暗くなります。これもくすみの原因です。

 

 

老化 

 

肌は加齢によって老化し、新陳代謝(ターンオーバー)のスピードが遅くなったり、その機能がスムーズに働きにくくなったりします。 一般的に、ターンオーバーの周期は28日間と言われていますが、20歳未満の28日周期に対して、40代のターンオーバーの周期は、1.5倍とも2倍とも言われています。

新陳代謝がうまくいかないと古い角質が肌に残ってしまいます。この古い角質がゴワつきやザラつきの原因となって、本来の綺麗な肌の色を見えにくくしてしまいます。実年齢の老化と肌年齢の老化はリンクしています。加齢によって、しみ・くすみ・しわ・たるみなどの現象が増えてしまうのは仕方がないことです。

でも、肌を老化させるスピードを抑えることはできるのです。洗顔やスキンケアを丁寧に行うことや、紫外線を浴びないような対策を施すことや、寝不足にならないように質の良い睡眠を心がけるなど、肌へのダメージを避けるようにすることで肌が老化していくスピードは抑えることができます。乾燥や摩擦を防いで肌を健康な状態に保つようにしましょう。

 

 

血行不良

 

肌の色は血液の色が透けて見えているので、血行が悪く血液の色が黒っぽくなってしまうと、肌の色が黒っぽく見えてしまうのも当然です。原因としては、運動不足・冷え・ストレスなどが考えられます。

 


 

外にも、ブルーライトやタバコもくすみをつくる原因の1つとなります。 また、複数の要因がかかわりあってくすみの原因を作っている場合もあります。

くすみの原因は、直接年齢に関係ないことでも、とても身近なところにあります。特に、毎日直接肌に触れるスキンケアについては、見直す点がいくつもあります。日々のスキンケアの中で、何気なく行っている行為が実はくすみの原因となってしまっている場合があるということです。

くすみを解消するための対策として特別なことを加える前に、まず日々のスキンケアを改めて見ることから始めて見みたいと思います。年齢に関係なく、たとえ40代から始めたとしても、くすみは少しずつでも改善できる可能性があるです。

 

 

【人気記事】40代の気になるくすみをキレイにする洗顔料 二十年ほいっぷ試してみました