洗顔生活つる肌ラボ 

毛穴の黒ずみの解消方法を徹底調査しました

泡洗顔を始めてから乾燥肌が気にならない(40歳主婦)

【体験レビュー】肌のキメの奥の汚れまで根こそぎ落としてくすみもスッキリさせる洗顔料は? ⇒

泡洗顔を始めてから乾燥肌が気にならない(40歳主婦)

【洗顔を変えてニキビ解放された】市販の泡立てネットで濃い泡を作ることが出来る

美肌にとって、「洗顔は一番大切」と良く聞きます。以前、私はニキビにかなり悩まされた時期があります。その時に、洗顔の仕方を変える事でニキビが気にならなくなりました。そんな事もあり、私も洗顔にはすごく力を入れています。

現在、40歳の専業主婦です。それほど、スキンケアにお金をかけることもできません。だから、化粧水や乳液はリーズナブルなものを使用しています。その代わりに洗顔料とクレンジングには少しだけお金をかけています。ちょっと高めのものを使っているだけで、元をとろうと思って、しっかりと泡洗顔をするようになるからです。

私が洗顔するときに注意しているのは、肌に刺激を与えない事です。私の洗顔は、泡洗顔です。泡の作り方も、最初は試行錯誤しましたが、市販の泡ネットを使うのが一番だと思います。誰でも、もっちりとした固めの密度の濃い泡を作る事ができます。

 

 

 

【泡洗顔を始めてから乾燥が少なくなった】すすぎは念入りにしっかりと丁寧に

作った密度の濃い泡を顔にのせて、肌に手がふれないように泡の弾力で洗うようにしています。そんなやり方で、しっかりと落ちるのかなと思いましたが、密度の濃い泡で肌の小さな空き間まで入り込むようです。洗顔後、すごくすっきりと洗えた事を実感できます。

それから、この泡洗顔をするようになってから、肌の乾燥状態があまり気にならなくなりました。肌への刺激が少ない事で肌へのメリットがたくさんあります。そして、すすぎですが、これにもちょっとしたこだわりがあります。ある肌のキレイな女優さんがすすぎは100回していると聞いてから、100回とまではいきませんが、かなり念入りにすすぎをするようになりました。

肌に皮脂や汚れが残っているとそれが肌トラブルの元になってしまうようです。時間がなく、面倒な時もありますが、なるべく出来る限り、しっかりと丁寧にすすぐようにしています。泡は特に落ちにくいようです。それもあり、念入りなすすぎは重要です。

 

 

【ベストな洗顔方法は人によって違う】肌質を認識して自分にあった洗顔を

私は、今の洗顔方法にたどりつくまで、色々な洗顔を試していました。どれも、それなりの効果はありました。ただ、1つだけ、肌に合わなかったものがあります。それは、オイル洗顔です。人によっては、しっかりと汚れが落とせるので合っている場合もありますが、私は、肌にオイルが合わないようで、使ったとたんに荒れてしまいました。

オイル洗顔は毛穴にはすごく良いと聞いていたので、使いたいと思っていたのですが、オイルだけは、肌荒れがひどくなり無理でした。色々な洗顔の仕方がありますが、これがベストというのは、人によって違うと思います。その人それぞれの、肌質などをしっかりと認識して、自分にあった洗顔を見つける事が美肌への近道なんだと思います。

 

 

【体験レビュー】40代の気になるくすみと毛穴をキレイにする洗顔料 二十年ほいっぷ