洗顔生活つる肌ラボ 

毛穴の黒ずみの解消方法を徹底調査しました

毛穴パックで肌あれ いじらない方が肌によい(24歳女性)

【体験レビュー】肌のキメの奥の汚れまで根こそぎ落としてくすみもスッキリさせる洗顔料は? ⇒

毛穴パックで肌あれいじらない方が肌によい(24歳女性)

【オイリー肌で鼻の毛穴の汚れが悩み】気にしないようにするだけで精一杯

肌のトラブルは今までに抱えたことがなかったのですが、無職で24歳の今、挑戦してみたものの結局失敗してしまったケア方法がいくつかあります。その中でもひどく後悔しているのは、自分に合っていない鼻の毛穴ケアを繰り返してしまったがために肌トラブルを引き起こしたことです。

オイリー肌がとても気になるので、普段は朝昼晩それぞれ1回ずつ水だけで洗顔しています。例によって正午過ぎに洗顔している最中に鏡を見たら、鼻の毛穴が汚いということに気がついてショックを受けてしまいました。しかしながら、無職で基本的に外に出ないので気にしないようにするだけで精一杯でした。

 

 

【毛穴の悩みで日常生活に支障が出るほど】毛穴パックで鼻の毛穴を綺麗にしたい

本当に鼻の毛穴について意識が向かなくなってきたある日、忘れかけていたことを親から指摘されて思い出したくなかったことが再び気になってしまったのです。それからというもの、洗顔する度に鏡を見ては鼻の毛穴の状況を確かめるようになってしまい、就職活動に踏み切ろうとする意欲が削がれるほどまでに日常生活に支障が出てしまうことになります。

挙動不審な様子を心配してくれた親に事情を話してみると、ドラッグストアで鼻の毛穴パックを買ってくれました。粘着力のあるシートタイプの毛穴パックは無職にとっては手が届かない値段なので嬉しかったです。これを使って鼻の毛穴を綺麗にすることによって就職活動に本腰を入れられると思いました。

 

 

 

【肌が弱いため数回の利用で肌が荒れた】下手にいじらない方が肌には良い

しかしながら、世間は自分が思っているほど単純なものではなくて残念に感じることになります。もともと肌が弱い体質ですから、何度かパックを使っていると肌が荒れてしまったのです。最初はほんのり赤くなってしまったのですが、放っておけば治まるだろうと特に気にもせずにいました。

3回目の使用時には、ついに肌がヒリヒリしてしまって親に相談する始末でした。オロオロしている私を見た親は、毛穴パックを使って鼻の毛穴を綺麗にすることは諦めるように諭してくれました。それを聞いて気持ちを落ち着かせることに成功したので、パックの残りは親に使ってもらうことにして結局のところ挑戦は失敗に終わってしまったというわけです。

肌が強くない自分だからこそ、今回の失敗で『下手にいじらない方が肌には良い』ということを学ぶことができました。そもそも、鼻の毛穴の汚れをここまで気にする人は少ないのではないかと思ったので、今となっては現状維持を心がけているのです。その結果として、無駄な心配事がなくなって肌の調子がよくなるかもしれません。

 

【注目記事】泥のパワーで毛穴の汚れや黒ずみもすっきり どろあわわ徹底検証